症例紹介

症例02 タトゥー・アートメイク除去

最近では社会的問題ともなっているタトゥーですが、
当クリニックでも様々な理由で除去をされる方が急増しています。

除去する方法としては、Qスイッチルビーレーザーというレーザーを用いて行う方法と、外科的治療(切除縫縮法)がありますが、肌へのダメージが少ないレーザー治療の症例をご紹介します。

右上腕全体のタトゥー除去(治療中)の患者様の例

タトゥー面積が広範囲で密度も濃い絵柄のため、期間をおきながらのレーザー照射で現在も治療を続けられています。
BEFORE
AFTER

指のリングのタトゥー除去を行った患者様の例

タトゥーを施した面積が少ない分、4回のレーザー照射でほぼ完全に除去できました。
BEFORE
AFTER

足のふくらはぎのタトゥー除去を行った患者様の例

ヒザ裏から足首部分まで広範囲であったため、期間をおきながら複数回のレーザー照射で目立たなくなりました。
BEFORE
AFTER
この症例の治療方法「タトゥー・アートメイク除去」について、詳しくはこちら

キャンペーン情報

2018/02/01
FDA(米国食品医薬品局)認可の、切らずに理想のボディ作りができる治療。気になる部位に専用アプリケー…続きを見る
2018/02/01
キャンペーン肝斑・くすみ治療
これまで肝斑には有効な治療法がなかなかありませんでした。フォトナQXという新型のレーザートーニングは…続きを見る
2018/02/01
老若男女問わず脱毛経験者が増えている昨今、ムダ毛は意外と人に見られています。また、肌の露出の少ない今…続きを見る

ママの美容ケア

ブライダルコース

医療レーザー脱毛

PageTop